過去最高のカジノ映画

映画鑑賞がお好きですか?それからカジノを訪れるのもお好きですか?そんなあなたにはカジノを題材にした映画がぴったりです。どの映画を観ればいいのかわからないという方のために、 過去最高のカジノ映画をいくつかご紹介しましょう。 

ザ・ギャンブラー

『ザ・ギャンブラー』は1974年制作の映画で、カジノゲーム中毒の大学教授の話です。映画の中では主役が患う依存症が悪化して、自暴自棄になり、精神状態が次第に不安定になっていく様子が描かれています。ギャンブル中毒の恐ろしさがリアルに描写され、ギャンブルは慎重に責任をもって行わなければならないことを警告しています。

アンカット・ダイヤモンド

2019年に制作されたこの映画は、Netflixで最も人気の高かったアダム・サンドラー主役の映画です。この俳優はコメディーによく出演していますが、本作では笑いを取る役ではありません。ストーリーは、スポーツ賭博の好きな人たち向けとなっており、『ザ・ギャンブラー』と同様に、全てのスポーツ賭博ファンに対して、決してタガを外しすぎないように警告しています。

モリーズ・ゲーム

この映画はモリー・ブルームの運営する、ごく限られた金持ちが一攫千金を狙って参加する違法ポーカークラブをめぐる実話に基づいています。『モリーズ・ゲーム』というタイトルですが、他の映画との相違点は、主役のギャンブル事業主が女性である点です。2017年の作品で、映画を観た人たちは、ロサンゼルスとニューヨークでブルームの主催するゲームに参加したのがどの有名ポーカープレイヤーだったのかを知りたくなるストーリーです。

ラスベガスをぶっつぶせ

これはカードカウンティングのエキスパートになるためにトレーニングを受けた6人のマサチューセッツ工科大学の学生にまつわる映画で、ブラックジャックに勝つための最強の戦略を彼らの教授から教わるのでした。全編にわたり、スリルと興奮の世界に引き込まれる展開となっています。2008年に制作され、原作は『Bringing Down the House』という小説です。「勝った!勝った!夕飯はドン勝ちだ!」(winner winner, chicken dinner)というフレーズで有名となりました。

ハスラー

『ハスラー』はこの分野の映画の定番で、1961年に制作されました。主役とその相棒は世界中を渡り歩きながらギャンブルで金を稼ぎます。ところがその道中、自暴自棄な態度と軽率な言葉によって、伝説のプレイヤーと対戦することになってしまいます。この映画は極めて風刺的で冷血なシーンが多いため、そういう内容を好まれない方は、ご紹介した他の映画を観られる方がいいでしょう。しかし、白黒がはっきりしたストーリーの映画とスポーツ賭博がお好きな方にはぜひオススメの映画です。

カジノ

最高のベガス映画と評の高い作品はもちろん『カジノ』です。主役はかの有名なロバート・デ・ニーロが演じています。本作には緊迫したポーカーのハンドやいかさま賭博、八百長、そして真のラブストーリーなどは一切登場しませんが、欲・欺き・金・権力・殺人が織り交ぜられた実話に基づく映画です。ギャンブルそのものがテーマではなく、全ての要素が融合された作品です。